チャンピックスで副作用を感じる割合

禁煙が難しい理由としては、脳がたばこに含まれるニコチンを欲求するように指令を出すようになっているからです。脳がニコチンを欲してしまうため、自らの意志でコントロールしようとしても、脳の指令に負けてしまいます。そこで、禁煙補助薬であるチャンピックスを利用することによって、喫煙欲求を抑えることができるようになるので、禁煙を達成することが可能になります。チャンピックスの主な作用としては、脳のニコチン受容体に作用し、ニコチンが脳に入ったと同等の満足感を得る作用があります。ですから、喫煙欲求を減らすことができ、喫煙をがまんしやすくなります。しかし、チャンピックスも薬である以上、副作用の心配が全くないわけではありません。チャンピックスを服用することによって、起こる可能性がある副作用としては、頭痛と吐き気が代表的な副作用となっています。このような副作用はそれほど強い症状となることは少なく、水を多めに飲んだりすることによって、症状が落ち着くことが多いです。臨床調査によれば、チャンピックスによる副作用の割合としては、吐き気が28パーセント程度、不眠が16.3パーセント程度、異常な夢を見るが13パーセント程度、頭痛が11パーセント程度、お腹が張るが8.3パーセント程度となっています。なぜ、これらの副作用が起こるのかというと、ニコチンが脳に入らなくなったことにより、その反動で起こると考えられています。これらの副作用が出たとしても、服用を続けていけば、ニコチンが入らなくなった反動もなくなり、徐々になくなっていきます。ただし、もし、副作用がかなり強く出た場合は、医師に相談して、薬の服用の可否を判断してもらうことも必要になってきます。

チャンピックス副作用体験談

禁煙をする時に、ニコチン代替え療法が可能になる禁煙補助剤を利用するケースが在ります。ニコチンは脳内に在るニコチン受容体と呼ばれる部分に結合し、快感を生じさせる物質でもあるドーパミンを分泌させるため、喫煙による満足感を得る事が出来ます。ニコチン代替え療法は、ニコチンを煙草以外の禁煙補助剤を使って体内に取り入れる方法で禁煙を導いてくれると言った特徴が在ります。しかし、チャンピックスはニコチンが含まれていませんが、ニコチンの代わりとなる成分がニコチン受容体に結合してドーパミンを少量放出させる事からも、禁煙時に生じる離脱症状の一つでもあるイライラなどを軽減する効果を得る事が出来ます。更に、禁煙を開始した際に、煙草を吸ってしまった場合でも、ニコチン受容体に結合する事を邪魔する作用が在り、煙草が美味しくないと感じられるようになると言う特徴を持ちます。尚、チャンピックスには吐き気を初め、眠気、頭痛や便秘などの副作用が起きるケースが在りますが、これ以外にも禁煙時に生じる症状が強く出るケースも在ります。チャンピックスを使用して禁煙治療を受けた人の体験談などを見る事で、どのような副作用が生じる可能性が在るのかを事前にチェックする事が出来ますが、気になる症状が現れた場合は、服用を中止した上で、早めにかかりつけの医師に相談をすることが大切で、症状が強く出ると言う場合には注意が必要です。尚、体験談を利用する事で禁煙をする時のコツなどを併せて入手する事も可能ですし、チャンピックスは病院の禁煙外来を利用する事で禁煙治療が可能になります。禁煙治療は医師による禁煙のアドバイスを受ける事が出来ますし、禁煙治療は保険治療と言う事からも経済的負担を減らせるなどのメリットも在りますし、煙草代がかからなくなると言うメリットも在ります。

命に関わる?チャンピックスの副作用

禁煙を実現するための手段として近年注目を浴びるようになってきているのがチャンピックスを治療薬として用いる禁煙治療です。注目されている最大の理由は保険適用が通ったということであり、国が認める禁煙治療の方法として確立されたものであるということがチャンピックスによる治療の特徴となっています。国によって認められたというとさも安全で効果の高い方法であろうと考えてしまいがちですが、どのような治療も万能であるというわけではありません。効果の高さは統計的に示されてきていますが、チャンピックスを服用することによる副作用についても使用者が増えるにつれてだんだんと理解されるようになってきています。その中には命に関わるものもあるということが明らかになってきており、チャンピックスを服用している際には十分な注意が必要になる副作用もあります。その中で最も有名になっているのが眠気と推定される意識の喪失であり、車の運転中に意識の喪失が起こったことによって自動車事故が起こってしまうという事件が報告されています。海外だけでなく、国内でもそういった事例があることから、チャンピックスを服用している際には自動車の運転のように注意力が必要になることを行わないように指導がなされるようになっています。しかし、基本的には直接的に致命的になるような副作用は極めて稀であり、お腹の張りや便秘、頭痛、不眠や不安といったものが比較的典型的な副作用として知られています。中枢で作用する薬であることからある程度の副作用は避けられないというのが事実であり、比較的重篤なものがほとんど発生しないというのはチャンピックスが安全とするのに十分なものとして認識されているのが現状です。

■チャンピックスの禁煙成功率は非常に高いです
チャンピックスで退路を断つ