子どものためチャンピックスで喫煙の気持ちを抑える

喫煙は受動喫煙と言う自分以外の人々への害を与えてしまうと言うデメリットが在ります。
小さな子どもがいる場合など、子どもがいる場所で喫煙をすれば、受動喫煙による健康被害を小さな子どもに与えてしまうと言う事からも、喫煙をするときは子どもが居ない場所で一服すると言ったケースが多く在ります。

因みに、受動喫煙は非喫煙者に対する喫煙と同じ、もしくはそれ以上の健康被害を与えてしまうと言うものです。
喫煙者が吸い込む煙と言うのは本流煙と呼ばれるものですが、煙草を灰皿に置いている時や指に挟んでいる時に立ち上る煙は副流煙と呼ばれている煙で、この煙には本流煙以上の有害な物質が含まれており、副流煙を吸い込むことで肺ガンや脳梗塞など様々な健康被害を受ける事になると言われており、社会問題にも発展しています。

そのため、喫煙をする場所が限られていたり、店内禁煙と言ったことが多くなっているのですが、子どもは身体が小さいため、影響を大きく受けてしまう事にもなりかねません。

そのため、吸いたいと言う気持ちを抑える目的でチャンピックスを利用して禁煙をしようとする人も多くなっています。
チャンピックスは禁煙補助剤と呼ばれる医薬品で、服用することで少量のドーパミンが分泌されるため、煙草を吸いたいと言う欲求が少なくなると言われています。

ドーパミンは神経伝達物質の一つであり、喫煙をすることでニコチン受容体にニコチンが結びつくと、ドーパミンが分泌され喫煙をしたことでの満足感を得ることが出来ます。

しかし、禁煙をすることでニコチンは体内に取り込まれなくなるため煙草を吸いたいと言う気持ちが高まる事になります。
チャンピックスはこの吸いたいと言う気持ちを和らげてくれて、禁煙に導いてくれる医薬品です。