店内禁煙の理由と禁煙にランニングやチャンピックス

人間の身体は運動をすることで血流が活発となり、栄養素や酸素を身体の組織や細胞に届ける事が出来ます。
喫煙をすることでニコチン、一酸化炭素、タールと言った有害な物質が入ることになりますが、ニコチンは血管収縮作用を持ちます。

運動する事でより多くの栄養や酸素を細胞組織は必要となりますが、喫煙をすることで血管収縮作用が起きているため、十分な栄養素や酸素を運ぶ事が難しい状態になります。

また、一酸化炭素が体内に入ることで血液の酸素運搬能力が低下する事になりますが、運動を行う事で必要とされる酸素を運ぶ事が出来なくなり、結果的に運搬能力が低下する事になります。

煙草は肺ガンや脳梗塞と言ったリスクを持つと言われていますが、ランニングなどの運動をした時にも身体機能の低下が起きているため、身体は悲鳴を上げる事になってしまうと言う事です。

休みの日にランニングをして健康維持に努めている人は多くいますが、煙草による身体能力の低下などが在る事からも禁煙を実施しようと考える人も少なく在りませんし、最近の飲食店などの店内が禁煙になっていたり、喫茶店の店内も同じように禁煙もしくは分煙化が進められているなどの理由からも煙草を止めようとする人が多くなっています。

禁煙をすることで身体は徐々に喫煙をする前と同じような状態に戻る為、今までランニングをして苦しかったものが、楽に走ることが出来るようになります。

所で、禁煙外来と言う診療科が在りますが、禁煙外来はお医者さんと一緒に禁煙治療を行う事が出来る診療科で、禁煙治療薬としてチャンピックスが処方されることになります。

チャンピックスの最大の特徴は、禁煙をした時に誰もが感じる煙草への欲求を引き下げてくれる効果が在ると言う事です。

仮に、禁煙中に一服しても、煙草がまずく感じてしまうため、チャンピックスを服用している中では喫煙習慣が戻る可能性が低くなるなどの特徴を持ちます。